バニラエアを利用する際のメリットとデメリットが知りたい!

モノにはメリットとデメリットがあります。LCCは、航空券の安さが魅力となっていて、それが私達利用者にとっては、LCCを使うメリットとなっていますが、バニラエアをあえて選ぶメリットとデメリットについて考えてみましょう。

バニラエアを利用するとこんなにもメリットがある!

LCCだけでなく、どんなものにもメリットとデメリットがありますが、バニラエアを使うメリットとしては、やはり、その安さが挙げられます。LCCですから、元々の料金も安くなっていますが、ランダムにキャンペーンを行います。

その時の航空券の値段は、いつもよりもさらに安くなるので、さらにお得に旅行が楽しめるのです。浮いた分のお金は、現地で美味しいものを食べるのに使ったり、ホテルをグレードアップするなんてことにも使えますよね。

また、LCCの飛行機というのは、基本的にジャンボは飛ばしていません(これは、コストカットのためです)。ですので、元々の定員数も、大手航空会社よりも少なくなっているので、比較的カウンターは混雑していないというのがメリットです。

旅行は楽しみだけど、空港での手続きまでの時間が長いのは、やはりイライラしてしまいますし、これから楽しもうという時に、一気にトーンダウンしてしまいますよね。そういった状況が起こりにくいのは、バニラエアもそうですが、他のLCCを使うメリットでもあります。

バニラエアのデメリットは他のLCCと同じような点

逆に、バニラエアを利用するデメリットも存在します。荷物の規定量がだんだん厳しくなっているということがデメリットの1つにあります。今までは、手荷物は10kgまで(むしろこの量が、比較的ゆるい規定だったのですが)でした。

しかし、2017年10月29日以降、それが7kgに変わったので、この点は注意しなければいけません。いつもの感覚で10kgの手荷物を持って行ったら、それで引っかかってしまうので、頭に入れておきましょう。

また、LCCの多くが、メインターミナルとはちょっと離れたターミナルでのチェックイン手続きとなります。バニラエアの場合もそうで、ギリギリの時間で行動してしまうと、時間通りにそこにたどり着けなくなってしまう可能性があります。

時間には余裕をもちましょう。また、羽田発の格安航空会社よりも、成田発なのに、航空券の値段が少々高め設定になっているというのもデメリットかもしれません。

ただし、これは、成田近郊に住む方にとってはメリットともなりますし、便数は多いので、そういったことを考慮すれば、メリットにもなります。

バニラエアのお得な料金とサービスと評判TOP