バニラエアを利用する際の手荷物や預け荷物について知ろう

LCCを利用する際に1番気になるといえる部分、それが、手荷物や預け荷物でしょう。せっかく航空券を安く購入したのに、これを知らなかったばかりにエクストラの費用が発生するなんてこともありますので、ここで詳しく知っておきましょう。

バニラエアでは手荷物はいくつまでOK?重さの制限はある?

バニラエアも、他の航空会社同様、手荷物や預け荷物に関する規定はもちろん存在します。そこで、まず手荷物ですが、個数は2個までです。この個数のカウントの仕方としては、女性であれば、ハンドバッグと、それ以外に旅行用の荷物カバンというのがありますよね。

ビジネスマンであれば、パソコンバッグとトランクなどです。こういった組み合わせで2個までとなります。そして、合計の重さが7kgまでとなっています。ですので、通常のLCCと同じ規定重量だといえます。また、サイズに関しても、55cmx40cmx25cmで、合計の和が115cm以内であることが条件となっています。

「ちょっとくらい荷物の重さなんて重くたってわからないだろう」と、主思われている方、最近では、大手航空会社でもこの重量に関しては徹底しており、出発ゲートなどで、手荷物の中身を再チェックするだけでなく、スケールを使って重さを確認します。

バニラエアでも、手荷物に対する強化が勧められていますから、必ずこの重さやサイズ、個数を守るようにしないと、色々な面でロスが出てしまうので気を付けましょう。

バニラエアの預け荷物は1個目から有料なの?いくらかかる?

預け荷物はすべて有料になるというイメージがLCCの場合にはありますが、バニラエアではどうなっているのでしょうか。預け荷物に関しては、あなたが購入する航空券の運賃タイプによります。1番最高値となる「コミコミバニラ」という運賃タイプであれば、預け荷物は20kgまで無料で預けていただけます。

しかし、それ以外の格安運賃タイプですと、どの場合であっても、20kgまで2,000円から6,000円までかかります。この値段の幅は、バニラエアが定めているエリアによって異なるのですが、近郊であれば、2,000円、遠方になればそれ以上かかると覚えておきましょう。

また、どんな運賃タイプであっても、合計で100kgを超えるような荷物は、預け荷物にもできません。そして、コミコミバニラであっても、21kg以上になってしまった場合には、必ず超過料金が発生します。

5kgごとに料金が加算されるのですが、これもエリアごとによって異なり、1,000円から2,000円ずつ超過されていきます。ですので、超過料金にならないように荷作りをしましょう。